はじめまして。長い自己紹介

さとう美樹と言います。

自己紹介をさせていただきますね。
ちょっと長いです。

 

私は現在福岡に住んでいます。
2人の娘がおります。

 

実家は東京

子供時代

私は、東京のとある田舎で3人目の2女として産まれました。

父は当時砂を売る仕事母はそれを受ける電話番だったと聞かされています。


私が産まれた頃は、超貧しかったようでうで、親子5人の食事代年間10万円あせるあせるあせる笑い泣き

年間10万円???でした。

 

小学生では、わたしは、一輪車をトラックの荷台でやるような子供でした。(笑)

そんな小学生時代、父 母の仕事の帰りは遅く、9時が我が家の夕食タイム、当然お腹は空くわけで、ポテトチップと ペヤングソース焼きで食いつなぎ、4年生で48キロガーンまで太ってしまいました。

 

幸いにもググッと身長は伸び、6年生ではとりあえず太っているけどまあギリギリの平凡になりました。

中学生時代〜高校生

中学生に入り、一応は勉強はできたようで、(丸覚えですけどね笑い泣き

なんとなく、憧れの テニス部 に入りました。1年生は球拾いとランニングと、素振りが主でした。がんばった甲斐があり、関東大会に、ダブルスで行くことができました。


市役所にたれ幕「関東大会出場 おめでとう!!!〇〇小学校 ○○美樹さん 〇〇さん」と書いてあったのが、結構嬉しかったです。

 

高校生では、

私立の外部入学をしてしまいちょっとうまくいかない時期もありました。

学校も休みがちになりました。

しかし、先生の勧めでテニス部に入った私は、周りの同級生にテニスを教えているうちに、廃れテニス部が一気に這い上がって、みんなで賞をもらうようになりました。もぐもぐ

テニスのおかげで、テニス部の仲間と、先輩と仲良くなってクラスに居つかないくらい先輩と一緒に行動するようになりました。

 

私はここで、自分にひとつでも得意なことを見つけることが、人生に必要なんだと学びました。

 

無事高校卒業し、推薦の短大に受験、なぜか「情報社会学科」というところで「HTML」を教わったりしました。

 

周りのお友達にも恵まれ、バイトでも彼氏を作り順風満帆な生活を数年送ることができました。

社会人

卒業し、何もやりたいことが見つからない私は、ほんの少しだけOLをしました。

 

親の反対を押し切り、会社で貯めたお金を手に、ネイルスクールに全財産叩いて勉強を始めました。

代々木上原 というところに、ネイルサロン、スポーツクラブ、兼ネイルスクール というところがあり、入学しました。ラブ

ネイル業界に入る

ネイルスクールに(当時マニキュアの時代です汗)通い、ネイリストとしてスタートしました。超氷河期時代でしたが、あまり気にせず、若かったので、メイクにも興味があり、メイク教室も同時に行っていた記憶があります。

 

ヘアメイク、ネイル できるようになったつもりで、とある小さな表参道のヘアメイク&エステ&美容室という小さい美容室にアシスタントとして入り、ついでにネイルの担当として、お仕事をお手伝いしました。

 

その間に通信で美容師資格も取得しました。しかし、どの仕事も中途半端になってしまいそうな自分に不安になり、ネイルだけにしぼって働き始め、表参道・新宿のネイルサロンを掛け持ち勤務、引き抜きに会い、その後恵比寿のお店で朝10時から夜11時まで働く日々を楽しく過ごしました。

 

お店OPEN

あれやこれやあり、数年後、2005年結婚し、たまたま身内の家具屋から、1角でネイルやってみない?とお誘いをいただき、東京のベットタウンで、「ネイルスペース」をすることになりました。始めは家具屋さんの1角でスタートしました。

結婚・出産第1子

ゼロからスタートだったので、初めはお客様が全くこないところからはじまり、徐々に来てくれるようになり、また、結婚、妊娠がトントン進んでしまい、スペースを広げ、一時的な契約のスタッフさんを入れ、産休しましたが、すぐにトラブルが起こり、2週間で復帰というおそるべき復帰をしました。

 

実際は10日ほどしか出ていませんでしたが、その実ベビーシッターに恐ろしい金額を払っていました。正直働いている意味ないレベルの金額です。

自宅の近くに移転

自宅から往復も辛くなって来て、子育ても含め、いろんな事から、お店を自宅の近くの駅に移転しました。そして1人でまたやるか・・・と再出発・・無謀ですよね笑

 

これが大変・・すぐ保育園から電話来るし、こまったな・・・
インフルエンザ、嘔吐下痢、ノロウィルス、ロタウィルス、あれれ〜〜〜

 

スタッフさんを入れましたが、当時はそれでも忙しく30平米で毎日9時半の保育園のお迎え。
とうぜん一番最後くらいのお迎えに、自分が小さい頃を重ねて思うようになりました。

急に子供が体調崩した時はスタッフさんに対応してもらったり、急にお客様に変更してもらったりしながら、なんとか接客をこなしていました。

 

また、2人目を妊娠中、その日は1人体制だったので、流産なんてこともありました。
これは仕事が終わった後涙が止まりませんでした。

 

第2子出産・遠くへ引っ越し

そうこうして4年が過ぎるころ、第2子が産まれました。
お店にはスタッフさんが2人いてくれたので、安心ではありましたが、売上は徐々に下がっていきました。

 

そんな時、急に旦那の仕事の都合で行ったこともない、親戚が多くいるわけでもない福岡に行くことになったんです。

何にもわからない土地で、子供2人、お店は東京・・・

 

お店を閉じようと考えていました。
しかし、周りの人の応援で、しばらく続けようと考えるようになりました。

 

裏方としてやっていくと決意

 

自分の母も仕事をしていましたし、ましてや東京が実家。

 

そこからは、いつ戻るかわからない、また小さい子供がいて一人でお店なんて大変なこともわかっていたので、裏方に徹して売り上げをあげることに徹することにしました。

 

裏方でやったことが売上を倍増させた

裏方になって、売上は上がり、お店も忙しくなってきました。平日スタッフほぼ1人体制なのに、平均140万、夏は平日2人体制で190万達成。

売り上げが安定して、福岡にももう1店舗出そうか・・と思っている矢先、

いろいろなことが重なり間に合わないーーーーとお店を売却することになったんです。

急遽間に合わなくて売却

幸い、ひょんなことからとんとん拍子に買いたいという方が現れ、売却することになりました。

購入者にはすごく感謝されましたが、心は嬉しいわけもなく、一度はやめようと思ったお店でしたが、泣く泣く手放しました。

 

売ってしまった後、すごく喪失感にかられ、売らないで頑張れたのだろうか・・・

もし自分が戻っといたら・・・といろんな事を考えました。

現在は美容室で時々だけネイルをしています。

現在クライアントさんも実行中。

2019年度 2月は昨年度より1.5倍達成。

自分の経験が、誰かの役に立つなら、いいことも悪いこともすべて教えようと思っています。