小さなネイルサロンオーナーのスタッフ面接 どのように面接するか?また、気をつけた方がいいチェックポイント

こんにちは。sachiです

面接も何度もやっていれば慣れてきますが
初めてのスタッフ面接はこちらも緊張しますよね。

・どこを見たらいいか?

・どのように面接をしたらいいか??

もちろんこの業界、技術チェックはもちろんありますが
本人との面接は、こちらも緊張するものですね。

面接の際、舐められても困るわけですね。
ちっちゃい店こそ、気をはるわけです。

ということで、
面接の際チェックすること、気をつけること。

きちんと相手の名前を読み上げること

初めまして、と言って面接の際は
履歴書の名前を読み上げ、目を見ます。
「〇〇さんですね」

ここが大事です。ここでピリッとなります。

また、経歴も読み上げることをお勧めします。
そして「あっていますか?」

と確認。

技術チェックはデザイン性

本人に得意なアートをしてもらいます。
またはアートサンプルを1〜3つ作ってきてもらいます。

これは、本当にこの店に入りたいのか
チェックするためでもあります。

今までの写真、サンプル、ある程度見れば
センスがあるかどうか、わかりますよね?

また、今回必ずサンプルを
新しく作って持ってきてくださいと言います。

そこに「やる気」をみさせてもらうかんじです。

1年くらいだと
少し塗るのがまだ
上手くなくてもいづれみんな上手くなりますので。

色の感性は個人が出ますが自分と違くても
良いか悪いかはわかったりします。

個性は大切です。

安いサロンで
サンプルと同じに作ってくれればいいというお店なら
例外もあります。

第一印象が一番大事絶対自分で

あくまで個人的な観測なのですが

やはり、第一印象がいい人は
ずっと仲良くしていけます。

辞めた後も、お店に呼んだりして
今はお店他の人のものですが
当時のスタッフさんとは仲良くできています。

私は自分が引っ越してから
面接だけは飛行機で行っていたのですが

どうしてもいけない時に
代わりに親族に面接に行ってもらったことがあります。

親族は事業主なので、
面接慣れしているはずなんですが、
「とても良い人でした」との答えでした。

そして、採用。

私が初対面で会った時
「匂い」がしました。

結局時間も全く時間がなかったのもあり
その方にはもちろん採用のまま
お願いしましたが、やはり、直感は当たります。

「おや?」とか「ん〜〜〜」
とか「なんか考えていそう」
というのは意外と当たります。

1年以内に顔出します。

結局「おや?」と思っている人は
最後まで「おや?」です。

いろんな場面で「おや?」は起こります。

その「おや?」でお店を
つぶしかねないこともあるるのです。

自分の第一印象は直感ですので
大切に選んでくださいね♪

要求が多い人は気をつけたほうがいいかも

要求が多い人は
結局自分が犠牲になったりしないと
いけなくなる状況があります。

・バイトの場合、絶対○○万以上は守ってもらいたい。

・土日は休みたい

・何時までしか働けない

それでもお店にとって
プラスになりそうな人はもちろんOKです。

たとえば自分が緊急出る体制で
戦力のママさんを採用するとか。

しかし

最初から土日は必ず出てくれる人や、
戦力でも土日をどちらかは出れる人を選ばないと
あとで反発が起こりやすいです。

 

土日や夜は工夫を

土日両方でれます!
といっても女性、彼氏も作りたいし
みんな出れるといっても正直出なくていい
ならでたくないですよね。

そこはシフトを組む時に配慮をもって
必ず1回は土日どちらか休めたり

連休をとれる配慮を設けてあげた方が吉だと思います

お店側にとったら、やっぱり
動いてもらえる方がありがたいですよね。

たとえば土日は時給増しなど、
工夫をしたりすると、

土曜日に出ることも億劫じゃなくなったり
しますので

工夫が大事ですね。

経歴は4ヶ月以上〜2年未満がベスト

経歴は未経験の方は、
必ず2年以内にだいたいというか、
辞める確率が高いです

自分の立ち位置が
他でどのくらいなのか知りたいからです。

また、
今の境遇が、悪いのではないか??
ということにフォーカスしてしいます。

それにくらべて、
自分の店が働く2軒目の人は、
自分が一生懸命やっていれば長くがんばってくれます。

おそらく申し込む方も
土地立地、お店の雰囲気と
しっかりとリサーチしているのでしょうね?

希望に入ってもらうための
外観作りも必要ですね。

また、結婚してすぐの方は
2〜3年くらいかな・・
と思って採用してました。

そのほか、
ママさんはやはりお子さんが大変な時期なので、

体調を崩した時に自分が代わりに
出るスタンスでいたら良いのかなと思います。

ステージによってその方の状況を
うまく組み込めるといいですね♪