ネイルスクールで100万円て詐欺じゃないの?

ネイルスクールで100万円て詐欺じゃないの?

こんにちはMIKIです
今回は、ネイルスクールにいてご相談があったので、書きます


「私は40代の子供がいる母親です。
以前ネイルサロンに行って、爪を整えてもらったら、とても爪に対するコンプレックスが解消されて私もこの技術を習得したいとネイルスクールに入ることにしました。

金額は100万円しました。

そこで質問です。
契約書がなかったので、詐欺ではないかと家族に心配されています。これは詐欺ではないのでしょうか?


といいうような内容です。

爪のコンプレックスがネイルで解消されたこと、施術しているのは私ではありませんが嬉しく思います。

ではこちらについてお答えしたいと思います。

ネイルスクールというよりネイルサロン/ネイルスクールの運営は、ほぼほぼ個人で経営している方が多いです。

まれに株式にしているサロンもありますが、世の中の「会社」と言われるものより、大雑把です

理由

株式でさえ、契約書やその他を請け負う事務的なスタッフさんを雇うほどの財力がなく、ほとんどオーナー自身で作るか、幸いそのよおうな知り合いがいて、契約書がきちんとできることが多いからです。

なので、契約書がないということはありませんが、結構ザッパな会社がほとんどかと思います。

大金を払うので、本当にきちんと教えてもらえるのだろうか不安

心配ですよね。
なので、気持ちを整える上で、このようにしたらいいということをアドバイスしたいと思います。

でも契約書や、カリキュラムはだいたいありますよね。

その上で心配を払拭させる方法として

1 ネイルサロンを検索してホームページがあるか確認する

ホームページがあるというのは、お店のネット上の顔です。

これがないと信用が薄くなりますので、まず確認して、スクール料金を確認します。

2 そのサロンでネイルをしてもらう

ネイルスクールといってもいろんなスクールがあります。

ネイルの技術がなくても教えている人もいます。
なのでそのスクール・サロンで実際に施術をしてもらうことがお勧めです。
100万円を払うわけですので、同じ金額を払うなら、技術の高い人に教えてもらいたいと思いますよね

また、実際施術してもらうと、お店やスクールの風景も確認できますのでお勧めです。
もし、スクールしかないのであれば、授業風景を何度か確認しに行くこともお勧めです。

3 契約書をだしてもらう

最低限でもコマ数、時間、どんなことに何時間かかって材料にいくらかかって合計幾らかをわかるようにしてくださいと伝えることをお勧めします

話が違うとなってしまってはいけないので。

4  認定スクールかそうでないかの確認

認定スクールとは、ネイルスクールの中でも業界として「認定講師」という先生が在籍しています。

認定講師というのは、ネイリストがネイル技術の基礎を正しく教えるためのある程度統一した技術を持っている方が多いです。

メリットは、ネイリスト3級という、甘皮のお手入れや、ポリッシュ(マニキュア)を塗るなどの基礎てきな試験に優遇がつきやすいです。なので、認定スクールであれば、ネイル業界の中ではスクールとして信用度は高いです。。

良い先生、そうでないかは見極めが必要ですが、通える範囲も決められているので、いろんなスクールを調べてから契約する方がベターです。

5契約はクーリングオフがありますので8日以内にクーリングオフをすることをお勧めします

100万円という金額については、ネイルスクールとしては正常です。(オンラインだったら高いです)

だいたい2時間で1万円の授業料を80回として80万円、12ヶ月でわると約月6回の授業です。

材料代として大体20万円くらい見積もっているとかんがえるとそのような答えになります。

 

まとめ

契約書は必要なので、書いてもらう、認定かそうでないかの確認、はされるといいかと思います

その上で、できるだけいい先生の教えてもらえるために、下調べは重要です。
どんな成績を納めているか、ネイル技術、信用など、あらゆる面から確認することをお勧めします。

1ホームページがあるか確認する
2サロン内を見学する
3契約書をだしてもらう
4認定スクールかそうでないか確認する
5場合によってはクーリングオフをする

などの対策をしてみることをお勧めします。

ちなみに私も20年以上前になりますが、ネイルスクールは200万円しました。
参考になると嬉しいです

相談があればインスタなどコメントから
ぜひこちらからコメントしてみてください。