スタッフとのコミニケーション

頑張っている姿を見せる

私もけっこう悩みました。

一番最後は遠隔だったから、一生懸命やっても届かなかったのがわたしの最大の後悔です。

よく、オーナーは働かなくてもいい

みたいな考え方の人いますが

それはなぜか、「男性」だったら可能と思います。

女性は自分と照らし合わせてしまうので、頑張っている姿を目で見ていないと、尊敬できない、付いて行きたくない

と思ってしまいがちな生き物の気がします。

なので、どんなかたちでも、「頑張っている姿」は見せた方がいいと思います。

私もサロンに近くの時は、とってもこれらのことが、効いていました。

意識的にやったわけではないですけどね。

1日1回は顔を出す。または声をかける。

「今日も忙しかったね!ごめんね!お疲れ様!もう掃除しないでぱっぱと帰っていいよ!わたしやるから」

そんなかんじでした。

弱みを見せる

オーナーだからと行って完璧ではないですよね。

年齢が下のスタッフさんなら

帰りにご飯を食べに行って

「弱みを見せる」

のも必要です。

任せる

お店の中でも、その子が得意とすることが一つあると思います。

それを「おねがいがあるんだけど」

と得意のことを「託す」

のも良いかと思います。

「感謝を伝える、届ける」

必ず「ありがとう」

「いつも助かっています」ということばをかける

サロンワーク中に邪魔した場合、休憩にちょっとだけ癒せるものを用意してメッセージをして帰る

近くならそんな気遣いできたりしますよね。

昔店が近い時はそうしていました。これは持論です。

やってみて効果あったら幸いです。

私は遠隔であまりに遠すぎて、お店に電話をしては悪いと思ってSNSを多く利用してしまいましたが、

自分のメッセージが、うまく届かなかったのが最大の後悔です。