ネイル学校卒業してからすぐ美容室でネイルを担当した話

こんにちは。

MIKIです。
私もかれこれ19年前かな?

ネイル学校を卒業してから
すぐに美容室でヘアメイクのアシスタント兼ネイリストになったことがあるんです。

そこは表参道ど真ん中
モデルさんや芸能人が時々来たりするんですよね。

そうでなくても
聞いたことのある会社の彼女さんとか

普通にいるわけなんですよね。

そんなところで急にネイルをすることになった時は
そう

手が震えてしまうんですよ。


エアブラシをやりたいとお客様に言われて

エアブラシのガンが詰まって焦ったこと
マジで「ごめんなさい」と思ったこと

今でも忘れません。

そして、そんなにたくさんネイルをしにくるお店ではなかったので
全てが中途半端になった私は
そのお店をやめて

ネイルサロンへと修行をしに行きました。
本当にそれでよかったと
今は思います。

ネイルサロンで体感したことは
自分の糧になりました。

はじめはもちろん指名なんてもらえないですけど
後ろで先輩のネイルをみながら片付けたり、お会計をすることで

・技術を勉強する
・接客の会話術を勉強する
・営業力を勉強する

そうしてステップで技術を上げていくうちに
気づけばお客様が自分に付いてくるようになるわけなんです。

「指名」すごいうれしいですよ
先輩とかがいる中で「自分を選んでくれる」

なんで自分なんだろうと思いながらも
先輩たちにお客様が行かないように

一生懸命精一杯を尽くし
先輩からいっぱい吸収し

自分を飛躍させることができるんです。

だからもし
お子さんがいて
ネイル業界に入ってしまった方

ネイルをやっていきたいと覚悟したのならば
ぜひ、給料とか考えずに

ネイルサロンへ飛び込んだ方がいいです。

その間はもしかしたら日曜日も仕事かもしれません。
でも、それでも

あなたの時間をお店が「技術を教えながら買ってくれている」
わけなんですよ。

だから、ネイルサロンに技術を教えてもらった「ありがとう」という気持ちも含め
どうか3年は頑張って欲しいです。